会社情報

営業案内

施工実績

工事情報

カキ殻舗装

採用情報

お役立ち情報

ヒメイワダレソウを用いた

防草対策の促進事業

環境事業の一環として、ヒメイワダレソウの苗の栽培・販売、法面緑化保護事業に取り組んでおります。 ヒメイワダレソウは、地被植物(グランドカバー)として注目されています。法面の緑化、水田の土手(法面)保護などに活用され、6月から9月まで白い小さい花がカーペット状に咲き景観にも優れています。

●ヒメイワダレソウを利用するメリットと特徴

2006年4月4日

2006年6月29日

1.被覆進展が早く強健である。

2.種子による繁殖はできず、茎挿し育苗したポット苗を植えれば2~3ヶ3.月で被覆できます。

4.定着すると生命力は強く、人が踏みつける程度なら問題はないです。

5.雑草を抑制し、メンテナンスの手間が軽減され、重労働な草刈り作業が減少し、事故の発生も防げます。

6.害虫の発生率が低い。

オオトゲシラホシカメムシの寄生性が低く、斑点米発生も少なくなります。

7.肥料は不要

8.特に条件の悪い土壌以外は必要ありません。

9.日陰には弱い植物です。

10.南向きの日当たりの良いところが適しています。水が滲み出て常に湿っている土壌、極端に乾いている土壌は不向きです。雑草が生えないようなところでは、ヒメイワダレソウも生育ません。

●ヒヒメイワダレソウを利用する留意点

1.手取り除草軽減のため、植付け前には徹底した除草対策が必要です。

2.初年度は、植付け作業や手取り除草が必要となります。

3.植付け時期に、高温・干ばつの影響を受けると枯れたり、増殖しないことがあります。

朝日土木株式会社 〒510-0033 三重県四日市市川原町32-1 TEL(059)331-1146

Copyright(c)2006 Asahidoboku Co., Ltd. All rights reserved