会社情報

営業案内

施工実績

工事情報

カキ殻舗装

採用情報

お役立ち情報

シェルペーブ(カキ殻舗装)

特許第5308967号

●シェルペーブの概要

シェルペーブは環境と景観に配慮した舗装とするために、排水性舗装等に用いられるポーラスなアスファルトコンクリート舗装の空隙にカキ殻粉末を骨材としたセメントモルタルを充填した舗装であり、平成20年朝日土木株式会社伊勢営業所にて研究と実証実験を開始し、20年10月から三重大学生物資源学研究科石黒覚教授に共同研究に参加していただき平成21年9月に特許出願しています。

カキ殻舗装写真

カキ殻舗装断面図

●シェルペーブの特徴

1.真夏の炎天下において、その表面温度は従来のアスファルト舗装と比べて10℃以上低く、ヒートアイランド現象の抑制効果が認められます。

2.従来の化学物質に頼る遮熱性舗装とは異なり、天然素材を使用しているため、舗装を壊したときにも路盤材等へのリサイクルが可能となります。

3.半たわみ性舗装と同等の耐流動性があるため従来の舗装と比べ轍掘れが少なくなります。

4.地場産業であるカキ養殖の副産物として出るカキ殻ゴミの有効利用になると共に海産物に恵まれた三重県に相応しい舗装と言えます。

5.表面研磨をした場合にはセメント・砂利・アスファルト・カキ殻が研ぎ出され大理石状の表面となり景観上もアスファルト舗装にない美しさがあります。

6.景観を重視したところで使われている従来の自然色舗装より轍掘れもできにくく耐久性もあり1割程度低価格となります。また、自然色舗装は水道工事等によって発生する部分補修が高額の費用を必要とするがシェルペーブは安価で施工可能です。

室内照射試験結果温暖グラフ

朝日土木株式会社 〒510-0033 三重県四日市市川原町32-1 TEL(059)331-1146

Copyright(c)2006 Asahidoboku Co., Ltd. All rights reserved